飯縄法の「気」について

飯縄法の修行とは、本来純粋な気を宿して生まれ、生から死への過程で欲望などで損耗しつつある人体の気を「内丹」として再生させ、気としての自己の身心を生成論的過程の逆行、存在論的根源への復帰のコースにのせ、利己たる存在を超えて本来の自己に立ち戻り、天地と同様の永遠性から、ついには道との合一に至るという実践技法です。 つまり世界の根源(自然界)である「道」の一部である気(人間)は欲望によってその力を消耗させています、それを丹田に気を練ることで、力を再生させることで本来の力を取り戻すことを目指すのです。 道に対して気とは宇宙に対しての元素のようなものです。 人間にとっては細胞が気なのです。 そのために行うのが体にたくさんの酸素を巡らせることです。 相談お問い合わせ よろず占い処ジプシーおやじ LINE🆔jipssy いまならLINEPay又はじぶん銀行でお支払いのお客様には全コースキャッシュレス割引として500円引きです。 

Featured Posts
Recent Posts
Archive
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

© 2023 by Flyer Template. Proudly created with Wix.com