観相(血色の部/立場について)

March 19, 2018

長野県上田市の飯縄修験の伝統を受け継ぐ修験者であり、観相師でもありジプシーおやじが伝える顔色(血色)による吉凶の診断法について。

 

ホームページ https://akiratakeuchi.wixsite.com/akira

 

LINE ID:JIPSSY

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人は体験してきたことによって相貌が変化していき、その変化によって吉凶を考えます。

 

そして、日々の気分で顔色(血色)が変化し、その色が出た部位によって現在の吉凶を診断することが可能になります。

 

このことを日々の暮らしに取り入れて大難を小難に抑えて、みなさまが平穏無事な日常を過ごされることを望みます。

 

<二十一穴が司るところについて>

天中、天陽、高広ー不慮の出来事の吉凶をみます。

主骨      ー主人や目上のことをみます。

日月      ー父母や目上のことをみます。

兄弟      ー親族のことをみます。

諸友      ー友人の吉凶をみます。

山林      ー先祖の家督とその盛衰をみます。

福堂      ー財のことをみます。

辺地      ー旅行の吉凶と遠方との関係をみます。

土星      ー自分の身体、自分の立場の吉凶をみます。

命宮      ー病気の有無と家のことをみます。

妻妾      ー妻や女性のことをみます。

男女      ー子孫や目下のことをみます。

かん骨     ー世間や他人のことをみます。

奸門      ー陰の男女のことをみます。

食禄      ーいま現在の家督の吉凶をみます。

法令      ーいま現在の職業の吉凶をみます。

じょう漿    ー薬の違いや食中毒のことをみます。

地閣      ー家宅の吉凶をみます。

奴僕      ー部下や目下のことをみます。

 

<血色について>

青色は肝気から、黄色は脾気から、赤色は心気から、白色は肺気から、黒色は腎気から生じます。

ここに潤いがある善色か寂しく見える悪色かも判断に取り入れます。

 

 

 

土星(自分の立場の吉凶について)

ここに青色、白色、紫色の三色があらわれるときは、自分の身の上に心労があります。立場が安定していません。

ここに赤色があらわれるときは、立場にかかわる災いがあります。また、いつもあらわれている人は自分からその立場に災いを招きます。

ここに黒色があらわれるときは、立場上の破綻があります。またいつもあらわれている人は損失が多いです。

ここに黄色、紅色、美色があらわれるときは、立場について喜びがあります。しばらくは立場が安定するでしょう。

 

 

 

 

 

Please reload

Featured Posts

11月2日(土)の暦

November 2, 2019

1/10
Please reload

Recent Posts

November 2, 2019

March 26, 2019

Please reload

Archive