よろず占い処ジプシーおやじの開運法

咒いや方術と言えば、胡散臭い軽蔑の対象とされがちですが、名家旧家と呼ばれる家では秘術として代々伝わるものが多いです。 わたしの家は飯縄修験の家として代々、飯縄神社さんの里宮のある村の古い家の一つとして表の歴史には決して伝わらない様々な事を引き継いできました。 その中でわたしが最も得意とするものが相法でした。 一般では観相とも呼ばれているもので、人の姿や言動、姿勢や服装などを観て将来の吉凶を占う方法です。 様々な流派があるので、統一されたものはないと思います。 その相者の生き方によって正確さが違ってきます。 平安期の名政治家の吉備大臣は毎朝起きると鏡に対して自身の顔色、五体、衣服など、すべての身形をよく振り返り見て、整っているか乱れているかを確認してから内裏に上がっていったようです。 これを加持祈とう、呪いと言葉は別々でどうでもいいですが、まとめて言えば神仏を敬う行いです。 神仏に懺悔して過ちを改め善心に立ち返ることでいままでの不良非行を許し給わり真心からお詫びする事で人生を間違わず、その事で福徳を得ることが相法の奥義です。 これがジプシーおやじこと飯縄修験の生き残りでもあるわたしの開運術です。 相談予約 よろず占い処ジプシーおやじ LINE🆔jipssy  初回の方はライン予約がお得です。 道は説いた、あとは自分次第です。(法句経)

最新記事

すべて表示

バチと大殺界について

占い師でも、その意味を深く理解しないでいる人がいますが 「バチ」と「不調期」は違います バチとは本人の行いによる結果です これは観相なので、その人の姿形から見極めることができます なので行いを改めれば避けることができます 不調期とは大殺界や天中殺や厄年などで誰でも一定周期で体験する時期です なので、避けることができません しかも大きなものや上のものほど強いという習性があります 小川より大河の方が力

養生訓

養生の視点からの「三楽」として次のものが挙げられている。 道を行い、善を積むことを楽しむ 病にかかることの無い健康な生活を快く楽しむ 長寿を楽しむ。 また、その長寿を全うするための条件として、自分の内外の条件が指摘されている。まず自らの内にある四つの欲を抑えるため、次のものを我慢する。 あれこれ食べてみたいという食欲 色欲 むやみに眠りたがる欲 徒らに喋りたがる欲 さらに季節ごとの気温や湿度などの

© 2023 by Flyer Template. Proudly created with Wix.com